FIDDLE

VIOLA

小松大

フィドルとビオラを手にライブを続けるミュージシャン

PROFILE

フィドルプレーヤー

2004年にアイルランド音楽に出会い、06年に3ヶ月間にわたりアイルランド、クレア州に滞在しフィークル在住のフィドル奏者パット・オコナーより教えを受け、以降渡愛を重ねる。
アイルランド在住の望月えりかとともにブラックバードミュージックを設立、2012年には愛知県長久手市文化の家主催「Irish Days 2012 ~音楽のあるくらし~」をプロデュース、大きな反響を呼ぶ。
13年3月に伊勢神宮にて奉納演奏を行う。同年7月アイルランド人ギタリスト、デイヴ・フリンと愛知、東京で共演。
15年秋、CCE JAPAN主催ケーリーバンドコンペティションにおいて審査委員長個人賞を受賞。
16年9月、ギタリストの山本哲也と1st アルバム「Years」をリリース。18年、代々木公園で開催された「I Love Ireland Festival」出演。18年9月、Dai Komatsu & Tetsuya Yamamotoの2nd Album「Shadows and Silhouetttes」を、同11月、ギタリストの高橋創とデュオアルバム「NISHIKOKU P.M.2:30」をリリース。
これまでにPat O’Connor、Eoghan O’Sullivan、Dave Flynn、Cormac Begleyらと共演。
愛知県の野外フェス森道市場へ3年連続出演するほか、洋光台クラフトマルシェ(横浜)、FUN FUN FESTIVAL(愛知)の音楽総合プロデュースも担当するなど活躍のフィールドを広げている。
日本を代表するフィドル奏者として全国各地で演奏活動を行っている。


ヴィオラプレーヤー

名古屋市立菊里高等学校音楽科を経て2005年愛知県立芸術大学音楽学部卒業。
07年、小淵沢室内楽講習会で「緑の風音楽賞」を受賞。
04年〜10年まで愛知室内オーケストラ団員及び運営を担当し、多くの公演の制作を手がける。
14年、クラシックギター奏者の生田直基とヴィオラとギターのデュオ「Black&Olive」を結成。
15年1月、パガニーニに焦点をあてたヴィオラリサイタルを企画し、難曲として知られる「グランドヴィオラのためのソナタ」を演奏。
独奏楽器としてのヴィオラの魅力を追求したレパートリーには定評がある。名古屋市千種区のカフェで「音楽の庭」と題したコンサートシリーズをプロデュース。
17年9月、チェロ奏者の山田真吾と「Chamber Music Project ’’Blast’’」を立ち上げ三日間に渡り弦楽六重奏のコンサートを企画し、中部エリアの音楽シーンで大きな話題となった。
同年10月、ヴィオラとクラシックギターの1st Album「Black Tide」をリリース。
使用楽器はFrank Georg Rost1937​